×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  こだわり農法

こだわり農法

あわじ田助鴨(でんすけがも)とは

あわじ田助鴨

五色OFG(オーガニックファーマーグループ)の田んぼで育った合鴨です。品種は「チェリバレー」という品種で、「北京種」をもとにイギリスで改良された品種です。(体色は純白ですが、れっきとした合鴨です。)
肉の特長としては、繊維が柔らかでクセがなく、脂については厚みも適度で味にはコクと甘味を感じるほどです。田んぼでしっかりと運動をして育っているので、食感も抜群です。鴨肉は栄養素的・機能食的にも優れており、特筆すべきはビタミン・ミネラルの豊富さと、血中コレステロール値を低下させる作用のある「不飽和脂肪酸」を多量に含んでいることです。

<あわじ田助鴨成育の流れ>

  1. 大阪の鴨業者からヒナを購入
  2. 田んぼで50~60日間放鳥
  3. 大阪の鴨業者で30日間程肥育後、と畜・精肉

風土ベジとは

風土ベジとは

無肥料・無農薬・自然栽培の野菜です。

花岡農恵園は、五色OFG (オーガニックファーマーグループ)の一員として活動していますが、現在は有機JAS法にて認められた農薬・肥料・土壌改良剤も一切使用しておりません。そんな無肥料・無農薬の野菜「風土ベジ」と名付けたのは、肥料や農薬に頼らず、この地の風土、この地のいのちだけで育った野菜だということを知ってもらいたいからです。農薬でいのちを断ち切ることもありません。肥料で味を左右することもありません。野菜ひとつひとつのいのちが、ゆっくりじっくりと素朴にはぐくんだ味を御堪能ください。

※草の管理のため、マルチのみ使用しています。

淡路島産 無肥料・無農薬・自然栽培たまねぎとは

淡路島産 無肥料・無農薬・自然栽培たまねぎとは
  • 完全無農薬、無肥料で大地の恵みによって育てています。
  • 土壌改良剤も一切使用しておりません。

淡路島は気候・風土に恵まれ、おいしいたまねぎの産地です。そんなブランドたまねぎの淡路島産たまねぎですが、無肥料・無農薬・自然栽培のたまねぎとなると生産量の1%にも満たないほどしかありません。花岡農恵園の「淡路島産 無肥料・無農薬・自然栽培たまねぎ」は、たまねぎが育つのに適した淡路島の風土を最大限活かし、無肥料・無農薬で栽培したたまねぎです。

合鴨農法米 鴨の恵みとは

合鴨農法米 鴨の恵みとは
  • 合鴨農法にて無農薬で栽培したお米です。
  • 肥料については、合鴨の排泄物のみで、購入した有機肥料などは一切使用しておりません。

合鴨農法とは、田植えをした田んぼに合鴨を放鳥し、虫を食べてもらったり草を取ってもらったりする農法です。合鴨農法では、生まれて間もないヒナしか田んぼに放せません。成鳥の合鴨を田んぼに放すと、稲が押し倒されてしまうからです。合鴨のヒナは虫や草を食べながら、稲とともに成長します。そうやって鴨に田んぼを助けてもらって「合鴨農法米 鴨の恵み」は、育ち実っています。虫や草を食べて育った合鴨を、最後には鴨肉(あわじ田助鴨)としていただくことになるのですが、それも"いのちの循環"として大事にしたいと思っています。